【鬼畜眼鏡 キチメガ】本多(メガ本)ルート感想

※この記事にはR18ボーイズラブ要素が含まれています。18歳未満また苦手な方はブラウザバックを。ネタバレしてます。




本多。
Spray
克哉とは大学時代からの親友で会社の同期。裏表なく明るく豪快な性格で趣味はバレーボール。25歳。

ノマ眼鏡両方で攻略可能。今回はメガ本√。6番目に攻略。

ついに本多√感想を書ける日が…!(涙)管理人は本多大好きなので、彼の記事が一番文字量多いと思いますw両方あるとか美味しすぎる…


休日に本多を選ぶと電話で、カレーを多く作りすぎたから食べにこないかと誘われて行くことに。
そのカレーが本多特性まるごとカレーなんだけど、全ての具材が切らずにそのまま。しかも豚足入り。豪快だ…

お店でだされるものの2、3倍はあり、それで二人分らしいから相当量が多いだろうなあ。小分けにしても食べ切れるか怪しいし飽きそう…w

2人でたわいない話をする穏やかなシーンだったけど、この話好き。本多のCGもかっこいい。


休日2日目。接待の帰り道、公園に寄ろうと本多が駆けていくのを追いかけると突然バレーボールが飛んできて反射的にレシーブを返すメガ克。

ゴルフで体力が落ちてないことを知った本多はメガ克にバレーを試さずにはいられなかったという。
返せなかったらどうしたんだ?とメガ克が聞くとお前なら返せると思ったと言っていてお互いの信頼感が見えていいなと思った。


次の日。ミーティングの為MGNへ片桐さん本多克哉の3人で向かうと御堂さんから驚きの内容が。
売上を引き伸ばし、当初の期日までに達成出来なければ終わりだと。
標数値がクリアできそうなところまでやっと来たのにこの仕打ちを受けて、本多は怒り片桐さんは意気消沈、克哉も信じられない様子で書類を見る。

ふと思い返してもしかしてここまでしてくるのは自分のせいでは?
御堂さんに眼鏡の俺が仕事で屈辱を与えてしまったから…会社の存続がさらに危うくなった原因が自分だったら気が滅入るどころか逃げ出したくなるよな…

無茶な数字だけど条件を飲むしかない。
克哉がそう言うと納得のいかない本多だったけれど、片桐さんも克哉の意見に同意して仕方なく収まった様子。

会社に帰ってきて皆にそのことを伝えると全員騒ぎ出し文句が飛び交い大混乱に。そこで本多が一喝。
こっちに期待しているから条件が上がったんだ、と。克哉が心の中で嘘だ…と呟いていたけれどそれは本多自身もわかっていて、あえて課内の雰囲気を変えるために言ったんだよね。

さっきまで怒り狂っていたのに冷静になってこの状況をどう乗り越えればいいのか、すぐに切り替えてポジティブに行動に移せるのは本当にすごいなあと感心したし、ただの体育会系熱血漢なだけじゃなく戦略的な部分もあってよい.*・゚


帰宅。本多に誘われて家に寄ることに。
お酒を飲み交わしながら本多の愚痴に付き合わせれてうんざりして帰ろうとすると、とめられてまた聞くハメに。

営業方針を変えた方が効率がいいというメガ克に対してそれはフェアじゃないから賛同できない。
今まで通りチームワークでやっていこうぜという本多に苛立ちが募ったメガ克は、お前のやり方ではダメだと言い聞かせるも同じ言葉が帰ってくるだけで、言葉でダメなら実力行使だと本多を押し倒してお前を強姦すると真近で囁くメガ克。マジかw

ことを進めていたけれど本多の必死の抵抗でメガ克が突き飛ばされて未遂に終わる。ちっ、惜しい。
親友 強姦ってパワーワードだししかも親友の家で無理やりはやばい(最高)

どうしてこんなことをした!?と本多に怒鳴られた時の選択肢で酔った勢いだにすると途端にギャグちっくになるのはわらったw
酔った勢いでこんなことしかも男相手にしないだろ普通w忘れろと言われても忘れられるわけないしツッコミどころ満載過ぎたw


伊勢島デパートへ営業で行くと、同じ大学でバレーをやっていた松浦と再会。本多も同じ会社に勤めていると言うと何故か動揺。
これは営業ネタに使えると早速悪巧みしていたメガ克だけど相変わらず悪い奴だな…(今更)

会社へ戻ると本多に話しかけられ、そこなら大口だから俺にも言ってくれれば良かったのにと。
チームワークはいいぞ発言がまたはじまりイラついたメガ克は取引を横取りしたかったのか?最近俺の方が営業成績高いしな。ひがみはみっともないぞと挑発すると、なんだと!?と怒る本多(チョロイ)

場の空気が凍りつく中、片桐さんが2人にお茶を出しつつなだめるととりあえず落ち着いた様子。

あんな目にあったのに未だに持論を曲げない本多も凄いけど、イラッたからとそこまで挑発しなくてもメガ克…;あと片桐さんの癒しっぷり最高ですb


仕事を終えて公園を突っ切って行くとR登場。
様子を伺いに来たのか数回言葉を交わすと夜の暗闇にまぎれて消えてしまい、ふと振り返ると本多の姿が。
さっきの一部始終を見ていたらしく、あいつとはいつどこであったんだ?その眼鏡は何なんだよ?とまるで浮気現場を目撃したかのような発言で完全に妻じゃないか。

どうしてそこまで問い詰められなければならない?と心の内で不思議がったあと、なぜこの間俺があんなことをしたか分かるか?と逆に問い詰め思い出した本多は恥ずかしさで顔を赤くして逸らすも、メガ克の言葉攻めに耐えかねたのと怒りとで胸ぐらを掴んで怒鳴る。

真面目な話をしているのに嘲笑うメガ克に怒りが頂点に達した本多は顎にグーパンをキメてその反動で眼鏡が取れてしまう。

もううんざりだ、俺にもお前にも。
そう言って本多の腕を外すと俺はお前の都合のいい存在じゃないんだ。俺のやり方でやるしもう昔の俺じゃない。
と今までの不満をぶつけるように本多に言い放つと踵を返して公園をあとにする克哉。

この公園シーンでの気持ちのすれ違いがなんとも言えない…
本多はなぜ親友がここまで変わってしまったのか心配で聞いているけど、克哉はなぜそこまで問い詰められているのかわからずでズレが起きていて、不満が爆発した克哉と改めて親友に言われて傷つく本多の二人の溝が深くなっていくのがどうなってしまうんだと焦った。お節介のつもりが無くてもお節介の時はあるよね…でも本多もただ克哉のことが心配なだけなんだよ…


会社で克哉が昨日は殴って悪かった、それは謝る。だがお前を許したわけじゃないからなと改めて本多に言われているのをみてわざわざ本人にいうのは本多らしいし自分の非はきちんと謝るところは偉いぞ。

あと外回りで一人より二人だと持ちかけてて、これはしんでも信念曲げないなw
説得は時間の無駄だと感じた克哉は結局一緒に行動することに。とりあえずすこしだけ溝は埋まったか?

伊勢島デパートへ営業で行くと松浦と本多が再会。本多が松浦に親しげに喋り続けていると松浦激怒。
やっぱり大学時代のバレー部で何かあったことは間違いない。

会社へ戻ると伊勢島デパートのみならず全ての取引先において営業は自分ひとりでやると言い出すメガ克に対してそれはお前の方針に乗るってことじゃないか!と声を張り上げる本多。

俺は今まで通り1人でやる。お前は課内で協力する。勝った方の意見に従う営業勝負をメガ克に挑まれて受けて立つ本多。
勝ち目あるのかこれ…しかも負けたら何でもいうこと聞いてやるは言ったらまずいですよ本多さん…あと溝埋まってなかった…


帰り道、偶然松浦を見かけ飲みに誘うことに。ここで松浦を消しかけてしまうとバッドに。
お腹あたりをかなり深く切られてて本多めちゃくちゃ痛そうだしメガ克も刺されて動けないところを松浦がガソリンがまかれた倉庫にライターを投げて2人とも焼け死end。鬼畜過ぎる行動は死を招く。

飲みに誘わないと数日後本多が行方不明でメガ克は会社をクビになりendを迎えるけど、これは本多いきてるのかしんでるのか…

翌日、仕事中にメガ克と本多で言い争い再び。メガ克のやり方が脅迫まがいだと本多に言われたのに対して、お前に言われる筋合いはないとその場をあとにしていてメガ克~!も~!!脅迫はダメ、絶対!本多も本気で心配してるんだよ!?別endで本多のこと探さなかったの後悔してたんだから少しは聞く耳持ちなさい!!!()


営業の帰り道本多とでくわすと細い路地裏へと連れてこられる。
昼間の話の続きでメガ克のやり方を認められず説得にかかる本多だけれど、そんな言葉に耳を貸さないどころかついに苛立ちMAXで本多を壁ドンするメガ克。この壁ドンCG素敵だb

お前はまたそうやって自分の正義感を振りかざして失敗を繰り返すのか?と問い、どういうことだ?と聞き返す本多に3年前のバレー部の事だと言った瞬間凍りつく本多。ここからメガ克の容赦ない精神攻撃がはじまります。

事の発端は実業団との試合。歴代最強と言われていた本多率いるバレーボールチーム。
実業団側が今回の試合は負けてくれれば見返りとしてレギュラー全員をプロ入りさせるとキャプテンの本多にのみ八百長を持ちかけてきたが、彼は即答でこれを拒否。

試合が始まると大学チームが圧勝。これに激怒した実業団側はプロ入りどころか以前からプロ入りが決まっていた選手の話も白紙にされてしまう。

普段バレーのことしか頭に無かったのにいきなり放りだされて就職先に苦労し、大学前からバレーをやって来た奴も多かっただろうにそいつらの夢と未来をお前の勝手な正義感で全て潰したんだ、とメガ克。

だが俺は間違った事はしていない!スポーツマンが八百長を許していいはずがない!!と反発する本多。

スポーツマンとして当然のことだから誰にも相談しなかったのか?違うな。お前は自分の信念が否定されるのが嫌だっただけだ。だから誰にも言わなかった。自分のポリシーを貫くことにこだわって、他人を犠牲にしただけなんだよ。

現に俺にだってそうだ。これにしたから付いてこいと自分勝手に決めて自分の価値観、考えだけで判断し、決定する。お前はそんな自分のやり方を肯定してくれる味方が欲しかっただけだ。

メガ克、本多のライフはもうゼロよ!!()
部員が後から事実を知った際は相当責められ、本多の意見に賛同した者は誰もいなかったらしく、自分の知らないところでそんなのがあったら誰でも怒るよな。

本多も動揺を煽ることになっても、部員達に話すべきだったんじゃないかな。でも、今まで一緒にやって来た部員達に罵られるのは相当堪えただろうし、八百長ももとは実業団側が悪いのに本多不遇だ…自身も未来を絶たれた1人だしね…それでも己の信念を曲げない鋼の精神はすごい。

その精神は今まさにメガ克にズタボロにされているけれど。さらにメガ克の精神攻撃は止まないのでここで割愛。それにしてもこの圧倒的かつ一方的な尋問(拷問)、怖すぎるしメガ克ほんとに悪魔…w


ここで更に追いうちをかけると、強姦part2へ。もうね、CGがえんろいことこの上ないです。路地裏で数メートル先では普通に人が行き交っている所で行為してるのヤバすぎる///未遂に終わらずそのまま最後までやってしまう。

終わった後、お前のこと、本当の親友だと思ってたんだぜ…と本多。
立場を逆転させて気分爽快だったのがその一言で胸にモヤが生まれるメガ克。
ここまでされてもその言葉がでる本多…できすぎでしょ…見てるこっちがつらい…

夢で小学生の頃、親友だと思っていた人から裏切られ、その嫌な思い出を2度と味わいたくないから無意識の内に本多のことを疎ましく思っていたのかとここで気づく。


次の日、本多の行方がわからず探していると、松浦と出かけたとの情報を聞いたメガ克はふたりの元へ。
そこには両手を縛られて宙ずりになっている本多と手にライターとナイフを持っている松浦の姿が。
よく見ると本多の体にガソリンもまかれていて本多が縛られてる!?いいぞ!とか思ってしまったけれど、普通に危険な状態。
3年前のバレー部の恨みでこうなったらしい。

ここで様子を見るにしてしまうとバッド。脚と腕の腱を切られてすごい痛そう;松浦はそのまま逃走し、すかさずメガ克が救助へ。その後病院に運んでくれたのがメガ克と知って今まで通り接するようになった本多。だけど完全には回復しておらず、バレーも出来なくなり底抜けに明るい笑顔が消えてしまい、2人も本音で話を踏み込めなくなってしまった…と生きてはいるけど悲しいことに。


 踏み込むと、松浦を説得して退散させなんとか本多を救出。ガソリンを落とすためにそのままホテルへ直行。洗い終わった後本多を押し倒していい事が始まるわけなんですが、ここのCG綺麗すぎてびっくりしたよ!押し倒されてる時の本多の顔乙女か!

ここでメガ克は疎ましく思っていた原因を告白。本多は実は家でやられそうになってからずっと考えていた事を告白。

ムカついたり驚いたりもしたけど、今まで俺がいろいろと関わろうとしていたのは、恋愛感情だったんじゃないかって。お前とは同僚とか友達関係しか築けないと思っていたから。それでお前とだったらそういう関係もありなんじゃないかってな。克哉、俺はお前が好きだ。

エンダアアアア!!!

ついに本多自らが告げてしまいましたよ…その後も路地裏でされたのも悔しかったし悲しかったけど、それはお前のことを親友以上に思ってたからなんだと思うと言ってるし、好きって言ったあとに友情とは違う意味でお前とやりたいって意味でだとか発言しててもおおおお~~完全に落ちてます…

メガ克の行動を忘れようとしたり関係を断とうとしたりせず、自分なりに考えた結果がこれって超絶ポジティブ過ぎるしそんな発想になるか!?と驚きもしたけれど、本多らしいと言えば本多らしいw

しかもメガ克が強引に進めようとすると待てって!こういうのはお互い好きだからするものだろ?と言ってからこの流れで悶え死んだ///自分から好きだと告げているのもやばい、完全にメガ克に惚れてるw
ストレートだ…w

角が無くなったけど、前とはやっぱり違うよな…とメガ克のことを言っていたけれど、もうひとりの克哉が消えたんじゃなく、ひとつになったんじゃないかなと勝手に思っているんですが、他の方はどうでしょうか?

告白した方が負けとメガ克に言われていたけれど、確かに色々と負けてるよな、見事にメガ克に落ちてるしw

どちらが受けをやるかで口論になってジャンケンで決めようとする本多にはわらったw子供かw体格いい方が大体攻めな気がするけど恐らくずっと本多が受けで逆転することはないだろうな…w(本メガも見てみたさあるけど)

結局本多が受けで最後までやるけれど、肌色率高くてなんか健康的だなと思った。良き…


売上目標も無事達成し、宴会が開かれると同時に本多の送別会も行われるという。
イタリアのプロリーグで活躍すれば日本のプロリーグも黙っていないだろうと。
もう後悔はしたくないし自分の気持ちに嘘をつきたくないから決意したらしい。

それを聞いたメガ克は彼なりの激励をした後、お前がいなくなるとこっちは大変になるからな、その代償を払ってもらうと言って会社の屋上ではじめます。ラブラブだなーw

本多も負けじと攻めてメガ克が首を竦めるところとかいいしお互いキスで主導権を争っててとにかくえろい。でまた、本多が受けになり抗議したら、営業成績で負けたら何でもすると言ったのはお前だぞ?とここでそれ使うかよと呆れる本多。だからなんでもするはダメだとあれほど…()

昼休みが終わっても会社の屋上でスーツ着ながらの半裸で最後までいたす度胸がすごいなw人来たらどうするんだ……あと終わった後の処理とか…w盛り上がる場所w


門出の日。8課メンバーに見送られ飛行機に搭乗して思いにふけっていると、隣にメガ克の姿が。MGNがイタリアへテコ入れをするらしく、それにメガ克が抜擢されたらしい。たまたま時期が重なったと本人は言っていたけれど、どうなんだろうか。

お前が向こうで泣いたら精一杯ベットの上で可愛がってやるさと言ったメガ克に対して、誰が抱かれるか!と大声で叫んでいたけど機内に響いてますよ…!乗務員に注意されて縮こまり、メガ克にいつかお前が抱いてくださいって言うようにしてやるからなと挑戦状を叩き付けていたけれど、果たしてそれは訪れるのか…


ここでハピエンはおしまい。いや~萌えの塊でした本多……真っ直ぐで親友思いのタフデレ受け最高♡親友どうしなのも私好みだったし最後はお互いを理解し合えてラブラブハピエンで良かった。

ちなみに路地裏で追い詰めず、松浦のところで助けるとイタリアに行かずくっつかずのノーマルendなんだけれど、公園でバレーボールしようぜといって駆けていく本多と、今はまだこの関係を続けてもいいかとついて行くメガ克。

いつもの関係に戻ってこれから進展していく親友endなんだけれど、これもすごく好きなんだよね。本多√はくっついても親友のままでもどちらも美味しい♡